ページ: << 1 ... 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 ... 82 >>

なぜ民主党ではダメなのか・・・口先だけの政治・・・第二自民党化

パーマリンク 2012/12/03 16:51:10 著者: sugimotokazumi メール

3年3か月国会議員を務めさせていただきました。ぬるま湯につかった政治、座布団の上に胡坐をかいた政治を視てきました。民主党は、税金の無駄づかいを止めると言って、税金の無駄づかいを続けています。政治主導と言って、思い切り官僚主導です。端的なケースが、所得税等の増税までして予算をつけた東日本大震災の復興予算は、流用転用されました。官僚の思うが儘に。予算は、自衛隊の航空機に、自衛隊宿舎食堂の改修工事に、税務署の耐震補強工事に・・・と本予算で計上するべき予算が、東日本大震災予算から転用されていたのです。

なぜ民主党に残って再建しようとしないのか・・・に答えて

パーマリンク 2012/12/03 16:44:32 著者: sugimotokazumi メール

1年がかりで党の再建に取り組みましたが、執行部は聞く耳持たずで、先輩議員はヒラメやカレイ的上昇志向で、危機感なしでした。端的にケースとしては、代表選挙です。真実の会という党改革志向の新人議員の行動があって、はじめて、赤松候補、原口候補がようやく、推薦人20人を確保できたのです。結局、この真実の会のメンバーの多く(私を含めて)、党再建をあきらめて、離党しました。昨年夏に、代議士会では、政党助成金の3割程度を東日本大震災へ寄付しましょうという提案・・・却下。年末の代議士化で社会保障と税の一体改革では、身を削る議員定数削減と公務員人件費問題を消費税の議論の前に仕上げることを要求・・・結果は消費税だけ先行。年始の全国政調会で、「計画倒れ政党」「うそつき政党」と揶揄されていることを払拭するため、わかりやすいマニュフェストの総括を提案(昨年夏の中間検証(当時の岡田幹事長とりまとめ)は内容が官僚が作成したような読みにくい大部なものではなく⇒一枚紙の通信簿形式・マニュフェストの工程表に加筆・〇×△か5段階評価)するも前向き回答を当時の前原政調会長からえたがその後の党広報等には活用されず。そして野田総理には、自民党との政権交代の最大の意義は脱原発の本格実施と直訴状をかいて提案し、脱原発の確約をえるも、核燃料サイクル事業継続、建設中の原発の建設続行指示・・・とブレーキとアクセルを同時に踏む原発エネルギー政策では、口先だけの脱原発・・・・・・以上のように党再建を微力ながら提案してきましたが、経営陣と中間管理職に経営センスと改革志向がないので、新入社員として、会社ならぬ党の再建をあきらめたというのが、真相真理です。

来年は9年目の突入する一宮青果市場の日曜新鮮市早朝街頭あとのトン汁

パーマリンク 2012/12/02 21:22:52 著者: sugimotokazumi メール

2005年の春以来続けている一宮市島氏永にある青果市場内の第一日曜に行われている日曜新鮮市の門前での街頭演説もほぼまる八年の歳月が経ち、来春には9年目に突入します。写真は街頭演説あとに買い物をして食券を支給され頂戴したトン汁を食べているところです。寒い朝の街頭演説で吠えたあとのトン汁は五臓六腑にしみいりました。

干し柿の作り方

パーマリンク 2012/12/01 03:12:00 著者: sugimotokazumi メール

先週の土曜日=11月24日(土)政見放送の屋外撮影をして戴きながら、いつものように買物で訪ねた138土曜朝市(一宮裁判所西側の御旅所)で渋柿を干し柿・吊るし柿とするやり方を教わりました。写真はその夜に皮を剥いた柿さんたちです。柿は家の裏側のベランダ軒下に吊るしました。

川田龍平参議院議員来尾張一宮

パーマリンク 2012/11/30 10:57:20 著者: sugimotokazumi メール

11月29日(木)川田龍平参議院議員が、先週木曜日の渡辺よしみ代表に続いて、尾張一宮駅前に立ちました。来週の木曜日は誰でしょうか?川田龍平さんは、薬害エイズ問題の当事者で、ご苦労の中、被害者・被災者・被災した子供たちのために、法案作成に奔走しています。すなわち、議員として『主客一如』の政治を真に実践しておられます。

『未来の党』にエール

パーマリンク 2012/11/28 03:33:39 著者: sugimotokazumi メール

11月27日(火)大安に、滋賀県嘉田知事が、卒原発をテーマに、また女性や子どもの立場の政治を標榜して、『日本未来の党』を立ち上げられました。”口だけ脱原発=核燃料サイクル継続+既建設中の原発の建設続行”、”原発は3年間吟味する=もともと原子力政策を推進し続けてきた元凶”などと言っている既成(今だけ二大政党の)の政党とは大いに違って、明確に『脱原発⇒卒原発=原発からの卒業』を掲げています。あの3.11があったにもかかわらず、教訓・戒めとして活かせずに、政争にあけくれていて、”口だけ東日本復旧復興が第一=その内実は消費税が第一”の”ぬるま湯につかった政治”、座布団のうえに”胡坐(あぐら)をかいている政治”は、右の方を選んでみても、左の方を再度選んでも、同じ穴のムジナです。既成の政治を追放して、真の意味での、『脱官僚=政治主導、脱原発、地域分権・道州制』の政治を、国民の皆さま!、必ず勝ち取りましょう!!!その意味からも『フレーフレー未来の党!』すなわち、私の想いは、『日本維新の会』との連携と同様に、『みんなの党』と連携していただく日は”近いうち”ではなく『近未来』なのだと確信しています!!!これで『日本国』は必ず再浮上致します!!!

木曽川の川底の現状

パーマリンク 2012/11/27 12:26:28 著者: sugimotokazumi メール

関係者から木曽川の川底、深み、堆砂の問題などを伺いました。3.11の教訓を活かし、日本の自然、緑、山川と湖沼を徹底的に護らなければ、回復しなければ なりません!
写真は、トイレで見つけた「木曽川の石について」です。

解散の官報

パーマリンク 2012/11/26 05:53:04 著者: sugimotokazumi メール

写真は官報に掲載された『解散』です。

解散後の登院電光ボード

パーマリンク 2012/11/25 07:01:52 著者: sugimotokazumi メール

先週11月21日(水)党の仕事で、久しぶりに国会に上京しました。その際に見つけたのが、すべての衆議院議員の名前がなくなった登院を確認する電光ボードです。人が代わること、変化すること、一から出直すことは、誠に大切なことですね。

第12回もみじ祭

パーマリンク 2012/11/24 16:38:09 著者: sugimotokazumi メール

11月24日(土)尾西民俗資料館で、第12回もみじ祭が開催されました。オープニングの挨拶で、もみじをめでさせて戴きました。写真は庭園内の杉本撮影のもみじです。

<< 1 ... 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 ... 82 >>

最新記事のタイトル

コメント一覧

XMLフィード

合計 : 1184482 今日 : 2 昨日 : 1

外部リンク




2017年9月
 << <   > >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

私の住むまち

検索

16ブログ     powered by b2evolution free blog software