« 北方領土の観光資源写真で見る北方領土 »

北方領土ビザなし交流(7/31~8/5)

北方領土ビザなし交流(7/31~8/5)

パーマリンク 2013/08/07 10:57:26 著者: sugimotokazumi メール

北方領土ビザなし交流は、実は…1991年旧ソ連のゴルバチョフ大統領側からの提案をきっかけに始まったようです。今日までに日本側からのべ11,000人が北方四島を訪れロシア側からのべ8,000人が日本の北海道や本州各地を訪問しています。北方四島へ日本人がわたる手段はこのビザなし交流のほか元島民による自由訪問と墓参団の3種類があります。島の関係者以外が参加できるのはこのビザなし交流だけです。政府は1989年9月19日閣議了解の「わが国国民の北方領土入域について」で北方領土問題解決までの間、入域に制約を加えています。これが反って問題解決のための現場交流を難しくしているのが実情です。この点について先の通常国会予算委員会で、私は安倍総理に直接この閣議了解の見直しを求めました。結果として見直しは行われていませんが交流事業を活発化する方向に政府は動いています。今回は教育関係者の中高の社会科関係の先生方と各地から希望し選抜され中高生方が主体の訪問団で国会の私1名と事務局・通訳合計63名の訪問団でした。写真はロシアが開発を進めているという意味での病院建設と問題である《=日本人が入り活動し難いのに中国韓国北朝鮮人が上陸している》東洋人労働者(北朝鮮人と想われる)の色丹島内での作業風景です。(穴間のセドェフ村長からスタジアムと屋内プール建設の可能性についても言質を得てきました)…当面この北方領土の写真で書かせていただきます。

フィードバックはまだありません...

コメントを残す


頂いたメールアドレスはこのサイト上には表示されません

頂いたURLは表示されます。
(改行が自動で <br /> になります)
(Name, email & website)
(ユーザに、メッセージ・フォームを通じた連絡を許可します (あなたのメール・アドレスは表示されません))

最新記事のタイトル

コメント一覧

XMLフィード

合計 : 1191962 今日 : 3 昨日 : 1

外部リンク




2017年12月
 << <   > >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

私の住むまち

検索

16ブログ     powered by b2evolution free blog software