« 9年目に突入の毎月の日曜新鮮市の門前街頭第三回みんなの党党大会 »

「アベノミックス」が「絵に描いた安倍川もち」にならないための処方箋

「アベノミックス」が「絵に描いた安倍川もち」にならないための処方箋

パーマリンク 2013/01/30 17:39:59 著者: sugimotokazumi メール

第183国会通常国会が始まりました。総理の所信表明を受けての、代表質問が始まり、明日1月31日(木)午後3時前後には、われらがみんなの党の渡辺よしみ代表の代表質問です。さて「アベノミックス」が評価され、ロケットスタートと例えられ、株価や為替レートに良好な反応が出ています。しかし、肝心なのはこれからです。本気で改革を断行し、規制改革などができるか否かは、与党自民党自身が内在した問題との闘いでありましょう。今般当選された議員の幾人かは、族議員の権化であり、また、既得権益にどっぷり浸って勝った方々や、あるいは、その分野出身の方々そのものであるからです。安倍政権が、与党内の既得権勢力を駆逐できるか否か、成功するか失敗するかが、題名に掲げた如く「絵に描いた安倍川もち」に終わるかの分水嶺となるでしょう。

フィードバックはまだありません...

コメントを残す


頂いたメールアドレスはこのサイト上には表示されません

頂いたURLは表示されます。
(改行が自動で <br /> になります)
(Name, email & website)
(ユーザに、メッセージ・フォームを通じた連絡を許可します (あなたのメール・アドレスは表示されません))

最新記事のタイトル

コメント一覧

XMLフィード

合計 : 1173352 今日 : 1 昨日 : 1

外部リンク




2017年6月
 << <   > >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

私の住むまち

検索

16ブログ     powered by b2evolution