« 掘井九じん(車辺に刃) 而不及泉 猶為棄井也(孟子)『兵形象水』(孫子)・・・『選挙は科学である』 »

『人の情けは倍返し』

『人の情けは倍返し』

パーマリンク 2012/10/26 08:17:19 著者: sugimotokazumi メール

この言葉は、後援会で引き続き強力にご支援してくださっている方から、ご指導賜ったものです。『隅から隅まで義理と人情でモーレツにとことん歩く』す・ぎ・も・と=国会のスギちゃんとしては、肝に銘じたいお言葉です。

2 コメント

コメント from: 杉ちゃん頑張れ [訪問者]
私は、今回の「みんなの党」参加にあたり、民主党政権発足前後、鳩山内閣から菅内閣、野田内閣への移行、そして、直近の他の民主党議員達の動向などを鑑みても、杉本さんの決断には正当性があると見ています。後援会の人達や民主党サポーター達は、私と違った意見を持っているのだと思いますが、鳩山政権発足直後、民主党政権の実権を握っていたとされる小沢一郎幹事長は、地元の陳情や予算関連に絶対的な影響を持ったとされていますし、行政改革の一丁目一番地だったはずの天下り阻止は、鳩山首相が容認。一方、一年生議員は、小沢幹事長の「一年生は勉強しろ」の方針であったと記憶しています。鳩山小沢コンビは、無責任にも途中で政権を投げ出し、その後は、党内対立が勃発して、民主党が崩壊していった。最後に出てきた野田首相は、3年前のマニフェストを完全に捨て去り、民主党を自民党化させた。このような過程の中で、敢えて、民主党より支持率が低く、中部地方に支持基盤がない党への参加は、勇気がいる事だと思います。また、杉本さんの主張は、政策主体の政治を取り戻すということですから、私は杉本さんに期待しています。何の遠慮も要らないと思います。政策的な事で有権者の理解が難しいことが起きても、丁寧に説明さえしてくれれば、私も自身で情報を集めて理解しようと試みますので、その点だけ留意して頂ければ、それで十分です。国民も勉強しなかったら政治は変わらないと思います。
2012/10/26 @ 16:15
コメント from: 元後援者 [訪問者]
義理と人情って?
裏切り薄情の間違いだろう。
義理と人情がある奴が後援会の承諾も無く離党するかね?
君はよく対立候補の世襲を批判しとったが
君の擦り寄った先の党首も世襲以外何者でもないよな。相も変わらず都合の良い解釈をしているようだが

確か彼も前回の選挙自民党という沈みゆく船から我先にと逃げ出したと思うが、そういった意味では似たもの同士か知らんが、彼は世襲であるが故に地盤を持っており、彼の票で当選した
といってもいいが、君は民主党が支持しなければその場に立つこともできなかった筈だ

義理と人情の意味をわかってるのか?









2012/10/30 @ 10:42

コメントを残す


頂いたメールアドレスはこのサイト上には表示されません

頂いたURLは表示されます。
(改行が自動で <br /> になります)
(Name, email & website)
(ユーザに、メッセージ・フォームを通じた連絡を許可します (あなたのメール・アドレスは表示されません))

最新記事のタイトル

コメント一覧

XMLフィード

合計 : 1176566 今日 : 2 昨日 : 1

外部リンク




2017年7月
 << <   > >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

私の住むまち

検索

16ブログ     powered by b2evolution