« ご批判は甘んじて受けますが事実は異なります!治国猶如栽樹(貞観政要) »

『主客一如』

『主客一如』

パーマリンク 2012/10/14 05:42:58 著者: sugimotokazumi メール

『主客一如』『主客一体』とも言います。自らを客観事象と一体とすることです。政治家でいえば被災者や失業してしまっている方々と同一となることです。単に寄り添って同情したり憐れんだりする意味ではありません。原子力事故を例に引けば、原子力行政を推進した最大の責任は政治家にあり、事故を起こした最大の責任も政治家にあり、被災者の今日の現状や非難が続いている状況の最大の責任も政治家にあるということです。そしてこの問題を解決してこそ政治の責任が果たせるということです。従って、政争ばかりしたり、解散を声高に叫ぶことは筋違いであり、むしろ内輪もめの矛を収めて、政策力を結集して日本の叡智を集め、解決の具体策をつくり実践することが最大で最初に行うべき問題です。東日本大震災と原発事故を経て国民の皆様の意識や価値観が大きく変わりつつあります。その一方でこれまでの延長線上で現実対応に追われ、変われない政治があります。原発行政で言えば国会事故調査委員会の提言を軽視する原子力監視委員会人事が国会で同意されようとしています。私は現行の与野党の政治にあえて一石を投じるために、はみ出すことにしました。そして私は10月5日に行動したわけです。どうかご理解をしてくだされば誠に有難く存じます。杉本かずみ拝(合掌)

1 コメント

コメント from: 杉ちゃん頑張れ [訪問者]
何事も最初は小さい事から始まると思います。

是非、頑張って欲しいです。
2012/10/15 @ 01:01

コメントを残す


頂いたメールアドレスはこのサイト上には表示されません

頂いたURLは表示されます。
(改行が自動で <br /> になります)
(Name, email & website)
(ユーザに、メッセージ・フォームを通じた連絡を許可します (あなたのメール・アドレスは表示されません))

最新記事のタイトル

コメント一覧

XMLフィード

合計 : 1227287 今日 : 2 昨日 : 2

外部リンク




2018年12月
 << <   > >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

私の住むまち

検索

16ブログ     powered by b2evolution