« 『主客一如』渡部恒三代議士からのお話(4) »

治国猶如栽樹(貞観政要)

治国猶如栽樹(貞観政要)

パーマリンク 2012/10/12 16:52:28 著者: sugimotokazumi メール

治国猶如栽樹(貞観政要)― 国を治むるなお樹を栽(う)うるが如し ― 唐の太宗が語った言葉です。その理由として「本根揺かざれば、すなわち枝葉茂栄す。君よく清浄ならば、百姓なんぞ安楽ならざるをえんや」と説いています。・・・木というものは、根や幹さえしっかりしていれば、枝葉は自然に繁茂する。上に立つ君子が身を慎めば、人民の生活もおのずから安定する。これまた意義深い格言ですね。

1 コメント

コメント from: サポーター3 [訪問者]
杉本さん、あんたは貞操観念でも語ってた方が
お似合いだよ。中国で痛い思いしたって本当?
レポートよろです。

これまた意味深い格言です(爆)
2012/10/12 @ 21:57

コメントを残す


頂いたメールアドレスはこのサイト上には表示されません

頂いたURLは表示されます。
(改行が自動で <br /> になります)
(Name, email & website)
(ユーザに、メッセージ・フォームを通じた連絡を許可します (あなたのメール・アドレスは表示されません))

最新記事のタイトル

コメント一覧

XMLフィード

合計 : 1227890 今日 : 2 昨日 : 2

外部リンク




2018年12月
 << <   > >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

私の住むまち

検索

16ブログ     powered by b2evolution