« 一票を活かす近い将来=『会期末』か? »

近い将来⇒近いうちの意味とそのまえに解決されるべき問題あり

近い将来⇒近いうちの意味とそのまえに解決されるべき問題あり

パーマリンク 2012/08/09 11:17:17 著者: sugimotokazumi メール

近いうちという表現に変更されました。このことで、解散は会期末か次の臨時会会期の冒頭から末までで、予算編成を睨むと、年末よりは晩秋までということでしょうか。私も読めませんが、兎にも角にも、私は、議員定数削減など身を削る改革と福島の事故対応・規制委員会人事・東北の復興対策などまだまだで、社保と税の一体改革だけがリーダーシップが発揮されて、ひとり走っているという印象が拭い去れません。解決されるべき問題は横たわったままです!政局よりも、国民の民さまの生命財産を護りくらしを守ることを優先すべきと与野党にお願いしたいのです。

フィードバックはまだありません...

コメントを残す


頂いたメールアドレスはこのサイト上には表示されません

頂いたURLは表示されます。
(改行が自動で <br /> になります)
(Name, email & website)
(ユーザに、メッセージ・フォームを通じた連絡を許可します (あなたのメール・アドレスは表示されません))

最新記事のタイトル

コメント一覧

XMLフィード

合計 : 1227661 今日 : 2 昨日 : 2

外部リンク




2018年12月
 << <   > >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

私の住むまち

検索

16ブログ     powered by b2evolution free blog software