« 国会事故調査委員会報告一宮丹陽中学校3年生の国会見学 »

香川選手のマンU移籍にみる欧州経済

香川選手のマンU移籍にみる欧州経済

パーマリンク 2012/05/19 20:16:36 著者: sugimotokazumi メール

私の尊敬するみずほ総研のチーフエコノミストで、テレビ東京のWBSのコメンテーターをつとめる高田創(たかたはじめ)先輩のわかりやすい話として、日本のバブル直後の93年にJリーグが発足し、海外の名選手が集まった。最近は、経済の繁栄を写し、イタリアのセリエAやスペインリーグに名選手が集まった。ユーロの趨勢や欧州経済を考えると今後は、ドイツのブンデスリーグに選手が集まると予想できる・・・サッカーから見える経済学・・・なんてお話を昨年11月に頂戴しました。共通通貨ユーロの加入しないイギリス(G.B.)のポンドも比較的優勢な位置を占めていると感じますが・・・サッカー通から言わせるとマンチェスターUnitedだけは別格であり、またイングランドのプレミアリーグも経済という視点よりも別格の英国庶民の最大関心のスポーツという特異な存在といえるのかもしれません。いずれにせよ、日本の1990年と欧州の2007年(リーマンショック時)を重ね合わせて、政策金利・短期金利・長期金利・銀行貸出の折れ線グラフはほとんど類似しています。日本は、20年のトンネルを抜け出しつつあり、一方欧州全体は、長いトンネル入りしたばかりと言えるのかもしれません・・・この点も高田先輩からご指摘ご指導いただいたグローバル経済の趨勢です。

フィードバックはまだありません...

コメントを残す


頂いたメールアドレスはこのサイト上には表示されません

頂いたURLは表示されます。
(改行が自動で <br /> になります)
(Name, email & website)
(ユーザに、メッセージ・フォームを通じた連絡を許可します (あなたのメール・アドレスは表示されません))

最新記事のタイトル

コメント一覧

XMLフィード

合計 : 1227266 今日 : 2 昨日 : 2

外部リンク




2018年12月
 << <   > >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

私の住むまち

検索

16ブログ     powered by b2evolution free blog software