« 一宮丹陽中学校3年生の国会見学沖縄返還40周年に寄せて »

樽床幹事長代行のそもそも論と下地幹事長のマニュフェスト総括論

樽床幹事長代行のそもそも論と下地幹事長のマニュフェスト総括論

パーマリンク 2012/05/17 12:52:43 著者: sugimotokazumi メール

お二人の質問は、わかりやすい、明解なものでした。樽床幹事長代行は、そもそも消費税の目的は、年金医療なんだから、年金医療税という名前の方がすとんとおちるのではないですか。また、基礎年金なんて言う専門用語は、普段の暮らしで使わない・・・ごもっとも!・・・下地幹事長は、社会保障と税の一体改革は、国民の皆さんの理解を得るためにも、じっくり議論する熟議が必要であります。また、任期は4年あるのですから、そろそろマニュフェストでやってきたこと・できなかったことをわかりやすくきちんと説明した方が良いのではないでしょうか・・・ごもっとも!総括が必要なんです!・・・二人の質問は、的を射ていて、とても分かりやすく、共感しました。政府答弁は、総理と一部大臣を除き、わかりやすいとは言い難いのが残念です。。。

フィードバックはまだありません...

コメントを残す


頂いたメールアドレスはこのサイト上には表示されません

頂いたURLは表示されます。
(改行が自動で <br /> になります)
(Name, email & website)
(ユーザに、メッセージ・フォームを通じた連絡を許可します (あなたのメール・アドレスは表示されません))

最新記事のタイトル

コメント一覧

XMLフィード

合計 : 1228065 今日 : 1 昨日 : 2

外部リンク




2018年12月
 << <   > >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

私の住むまち

検索

16ブログ     powered by b2evolution free blog software