« 党首討論は最低2時間必要国会事故調の調査を待つべき »

不退転の決意より七転び八起きの根性で

不退転の決意より七転び八起きの根性で

パーマリンク 2012/04/10 16:47:05 著者: sugimotokazumi メール

野田総理が消費税の問題に不退転で臨むと言われていますが、私は国会や世間の井戸端で、よく議論がなされることが大切と考えています。また、やるべきこと・・・例えば国有財産の売却や国会議員の定数削減などをきちんと行った上で、それこそ七転び八起きの根性で、財政再建の取り組むことが、国際的にも、国内的にも理解とその問題意識の浸透がはかられると心から感じております。不退転の決意だけでは、急いては事を仕損じます。官僚の言うとおりの易きに流れるでは、新人を多く持つ党内も、野党のいる国会も、義理人情の世間にも理解を得ることは難くなると感じています。

フィードバックはまだありません...

コメントを残す


頂いたメールアドレスはこのサイト上には表示されません

頂いたURLは表示されます。
(改行が自動で <br /> になります)
(Name, email & website)
(ユーザに、メッセージ・フォームを通じた連絡を許可します (あなたのメール・アドレスは表示されません))

最新記事のタイトル

コメント一覧

XMLフィード

合計 : 1227866 今日 : 2 昨日 : 2

外部リンク




2018年12月
 << <   > >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

私の住むまち

検索

16ブログ     powered by b2evolution