« 不退転の決意より七転び八起きの根性で地元各地のさくら »

国会事故調の調査を待つべき

国会事故調の調査を待つべき

パーマリンク 2012/04/09 16:18:07 著者: sugimotokazumi メール

福井県の関西電力大飯原発3号機・4号機の再稼働と原子力規制庁の設置問題は、どちらも、国権の最高機関の下に組織され、強い国政調査権を有する国会事故調査委員会(黒川清委員長)の調査結果を待って、再稼働の是非や、原子力規制庁の独立性議論を包含した組織設置をするべきで、官僚の言うとおりの易きに流れるでは、政治の存在意義がないということになります。

フィードバックはまだありません...

コメントを残す


頂いたメールアドレスはこのサイト上には表示されません

頂いたURLは表示されます。
(改行が自動で <br /> になります)
(Name, email & website)
(ユーザに、メッセージ・フォームを通じた連絡を許可します (あなたのメール・アドレスは表示されません))

最新記事のタイトル

コメント一覧

XMLフィード

合計 : 1227358 今日 : 2 昨日 : 2

外部リンク




2018年12月
 << <   > >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

私の住むまち

検索

16ブログ     powered by b2evolution