« 年末恒例 除夜の鐘を真清田神社で聴きます四次補正は2度目 »

消費税を半年遅らせた意義

消費税を半年遅らせた意義

パーマリンク 2011/12/30 09:47:12 著者: sugimotokazumi メール

昨夜、某局の解説委員の方々は消費税上げ実施時期を半年遅らせたことの意味がないと解説しておられましたが、意義が大いにあるのです。消費税は実行に当たり実施法・施行法が必要です。その審議時期が、任期満了を総選挙時期と仮定した場合、解散前の臨時国会かそれとも選挙後の臨時国会かの違いで、国民の皆様の側に、実施法・施行法の内容を掌握する権利が完全に担保されたという意義は極めて大きいのです。政治の批判も有難いですが、マスコミの方々のジャーナリストとしての明晰な解説と正確な情報伝達をこころからお願い申し上げます。

フィードバックはまだありません...

コメントを残す


頂いたメールアドレスはこのサイト上には表示されません

頂いたURLは表示されます。
(改行が自動で <br /> になります)
(Name, email & website)
(ユーザに、メッセージ・フォームを通じた連絡を許可します (あなたのメール・アドレスは表示されません))

最新記事のタイトル

コメント一覧

XMLフィード

合計 : 1227291 今日 : 2 昨日 : 2

外部リンク




2018年12月
 << <   > >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

私の住むまち

検索

16ブログ     powered by b2evolution