« TBS 朝ズバッ!取材対応・・・明日7:50ごろ・・・「ものには順序がある」(放送予定)千代田線通勤と一茶そば »

税制調査会総会で具体的提案

税制調査会総会で具体的提案

パーマリンク 2011/12/08 14:46:30 著者: sugimotokazumi メール

12月8日(木)の朝9時半からの掲載総会に30分前から一番乗りし、2番目の発言の機会を得て、政務三役、税調藤井会長ほかの皆さんに具体的提言を行いました。要点は「藤井会長の発言どおり、だらだらでなく決めること、国民の皆さんの負託に応えるのが政治です。政治は現状維持ではなく動かすこと、答えを出すことが求められています。車体課税については、「廃止、抜本見直し」と書いています。同僚の批判も恐れず敢えて言えば、試行減税でも良いと思います。経済の種をまかねばならないのです。PAY AS YOU GO 原則にこだわるのなら、財源は、国債の買い入れ償却額を減らせばよい。財務省の国債課長の話を訊いて、市場とうまくやりとりして金利が上がらないようにしていることは知っています。しかし、3千億円分買入償却額を減らしても、0.9%や1.0%の長期金利はせいぜい高くなって1.2%でしょう。試行的に3千億4年間とか6千億円2年間とか行うのが政治ではないでしょうか。国債市場の第一人者の意見も訊いて確認しています。マーケットへの影響は限定的です。是非、藤井会長のご英断ご尽力を期待します。」(2時間ほどの会議は途中、直嶋・大塚両参議院議員から急所を突いた・的を射た発言が続きました。そして藤井会長一任で終了しました。)藤井先生の政治手腕に大いに期待しています。

フィードバックはまだありません...

コメントを残す


頂いたメールアドレスはこのサイト上には表示されません

頂いたURLは表示されます。
(改行が自動で <br /> になります)
(Name, email & website)
(ユーザに、メッセージ・フォームを通じた連絡を許可します (あなたのメール・アドレスは表示されません))

最新記事のタイトル

コメント一覧

XMLフィード

合計 : 1227809 今日 : 2 昨日 : 2

外部リンク




2018年12月
 << <   > >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

私の住むまち

検索

16ブログ     powered by b2evolution