« 第19回江南菊祭りと(第7回)環境フェスタ江南2011ポーランド大使のお話と行政書士会要望 »

TPPは安全保障を含んだポリティカルイシュー

TPPは安全保障を含んだポリティカルイシュー

パーマリンク 2011/10/28 20:54:28 著者: sugimotokazumi メール

TPPは、是非ではないと解しています。今日午前にローソンの新浪社長(写真)の話を伺いました。「おにぎりの原料の米質を落としたら一気に売れなくなった」「お客様が買うものしか売らない」「除外品目をきちんと協議していただきたい」「日本に雇用が残るようにしてほしい」など熱いお話でした。率直に申し上げて、小弟の今の考えは、サイバーテロの時代に入ったことも鑑みて、TPPは、日米同盟をどうするか。日本の安全保障をいかに担保するかの問題に到達する高度なポリティカルイシューでもあるように感じ始めました。

6 コメント

コメント from: 匿名希望 [訪問者]
米韓FTAの内容をご覧になりましたか?
別の日のコメントで一宮市民様が指摘されていますが、ISD条項がこちらにも入っているようです。
しかも韓国側にだけ不利な片務条項としてです。
何故米国は、公平に自国にもこの条項の適用をさせないのでしょうか?
答えは簡単です。
米国政府が韓国側から訴えられるような恐ろしいことを避けるためです。
つまりTPPは、平成の不平等条約なのです。
米国は、韓国政府を訴え、韓国の法律を捻じ曲げることが可能ですが、お返しは御免だと言っているのです。
TPPにも、米国は盛り込んできています。
米国は、日本国内の日本国民の為の安全を守るための規制も平気で捻じ曲げてきます。
一宮市民様も例を挙げて説明をされています。
よくご覧になって危険性を考えていただきたいです。
日米同盟の為とおっしゃっておられますが、そもそも不利になるからと言って、交渉を抜け出すというなら、米国との信頼関係を余計に損ないます。(それに韓国も不利だとわかっていても抜けられませんでした。)
ですから、交渉に参加はしてはいけないのです。
そして、きついようですが、あえて申し上げますと、普天間問題をこじらせたのは、鳩山民主党内閣です。
このツケを国民にまわすのはおかしいですよね?
色々な危険性を指摘されているのに、エイペックに合わせて結論を急ぎ、この国の未来を左右する問題を国会で話し合いもせずに決めるのはやめて頂きたいです。
韓国への通貨スワップの件も、消費税増税も何ら話し合いもなく総理が国外に発表することが許されて良いことでしょうか?
民主主義とは、何ですか?
主権者たる国民を無視して総理が勝手に何でも判断できる国に何時から日本はなりましたか?
「おにぎり」のお話、企業としての努力は素晴らしいことだと思いますよ。
でも、TPPに参加して、安い商品が輸入され、デフレが更に深刻化すれば、企業も国内の雇用を守れませんよ?
そして、仕事を失い、購買力を失った国民が「美味しいおにぎりを」といつまで選り好みをしていられるでしょうか?
何でも安いものを食べるしかなくなりますよね。
先生は、TPPのメリットはなんだと思っておられますか?
安全保障?
でも、米国は明確に安全保障の観点は含まれないと明言していますよ。
日本の安全保障を考えるなら、まず自主防衛ができる環境を整えることでは?
米国に安全保障を依存していては、まさに属国ですよ?
鳩山元総理の普天間問題も自国の安全は自分たちで守るということを念頭に置いたものでは無かったのですか?
私は、個人的には、これをする前に憲法の改正が必要であり、鳩山氏は完全に順番を間違えているとは思いますけど。
先生、民主党は開かれた政治をするのではなかったのですか?
最近の野田政権の様子を見て、開かれていると思いますか?
未だにTPPを農業問題だけに矮小化しているきらいがありませんか?
医療・保険・サービス全てアメリカの都合の良いように捻じ曲げられて国民は幸せになれますか?
交渉に勝てばいいとおっしゃるかもしれませんが、韓国は何故折れたのでしょう?
そこには、北朝鮮の砲撃事件があるといわれています。
彼らも先生同様自国を守るのに、米国との同盟の強化をするしかないと涙を飲んだのです。
現在の韓国は、日本の反面教師です。
韓国でもこの不平等条約の内容を知った国民によるFTA反対のデモが起きています。
各国の交渉というのは、最終的には残念だけど、武力がものをいうのです。
米国の圧力に負けて交渉のテーブルにつくというのなら、もうそこで全ての交渉に負けているのです。
ここは、踏ん張りどころです。
「美味しいおにぎり」を作ろうとする企業の努力、国民の幸せを守るために、TPP参加交渉に反対を唱えてください。
黒船来航による不平等条約を解消するため、先人は多くの血を流しました。
雀の涙のような関税の恩恵を受けるために我々の可愛い子孫にそんなツケを回すことができますか?
ISD、ラチェットなどの危険な条項を党内で再度話し合ってください。
(一宮市民様が明快な例を出していらっしゃいます。)
先生と訪問者の間でもこれほどいろいろな議論が出る問題を簡単に答えを出していいわけないじゃないですか?
民主主義らしく議論をしましょうよ。
TPPは交渉参加自体を反対していただかなければ意味がないのです。
愛知10区の選挙民の願いに杉本先生が答えていただけることをお願い申し上げます。
そのための「反対の会」のはずですよね?
2011/10/29 @ 20:23
コメント from: 匿名 [訪問者]
このまえ米韓FTAが締結され、関税撤廃、自由貿易が促進すると思われていた米韓ですが、
早速アメリカが一方的に関税引き上げに動いたようですね。
こんな一方的なアメリカとTPP交渉して本当に大丈夫ですか
http://world.kbs.co.kr/japanese/news/news_Ec_detail.htm?No=41203

普天間の失敗や暴力団や北朝鮮への献金問題で潰れそうな政権を維持するために国民主権を売り渡すような行為だけは絶対にやめて欲しいです。
不利な交渉と解っていても現状では避けられないのでしたら、過去にやってきたとおり衆院解散して回避されたらいかがですか?
2011/10/30 @ 15:06
コメント from: iida [訪問者]
安全保障と絡めて、なんでも従属してしまうのであれば、政治家は不要です。

TPPに参加すれば
・増税が必要です。農業等、ダメージを受ける産業に補償が必要となりますから。TPPの利益は企業が持って行きますがね。
・健康保険が廃止になります(米国の大きなターゲットですね)
・農薬まみれ、あるいは遺伝子組み換えの食品が輸入され、それしか選択肢がなくなります。
・米国が障壁ととらえれば日本の文化も破壊されます。
・なにより日本人に主権がなくなります。

反対するしかないのです。
2011/10/31 @ 20:06
コメント from: 山本さん [訪問者]
TPPとは一体誰の為のものですか。
これから自分に続く者や子供達に大人として何を残してやれますか、
そば屋はそばを作りカレー屋はカレーを作るのですが日本の政治家として
杉本先生は何をなさるのですか。

TPPは再び日本を敗戦国にします。
2011/11/05 @ 01:47
コメント from: 土屋 賢二 [訪問者]
今世界はどの方向に向かおうとしているかじっくり考える事が肝要と思います。
私は40年前に韓国に3年間いました。その時思ったのは 
1)国外に出て日本人として恥ずかしい行いはしない事 
2)海外より日本を見る事はコップの外から中を見る事に等しく内容が鮮明に見え今まで何と小さい考えだったか。
その後1998年~2011の間上海に住んでいました。中国の裏表をある程度理解し中国人のシタタカさを実感し華僑の成功を理解しました。そんな中で日本人の感性と能力の高さには自信と誇りに思いました。
世界は動いています。今や国内だけの思考でなく世界の動きを見据え如何にしたら次世代に良いかを大局的に考えたいです。
TPPに反対される方の憂いは理解できますが日本が世界のなかで生きるのは反対だけではなく受け入れた時の問題点を洗い出し如何にプラスにするかの”シタタカサ”が必要です。
明治維新・戦後・と難局を乗り越えた日本国民今回も必ず出来ると確信しています。
2011/11/05 @ 12:38
コメント from: 伊藤 [訪問者]
いつも地域住民と国政をつなぐ為にご尽力いただきありがとうございます。

TPPに関して国内の人たちの考えは著しく二極に分かれています。
もしも日本がTPPに参加を決めるなら、十二分に国内での議論をつくしてからでなければなりません。
私も賛成派の立場に立ったつもりでメリットも考えてもみるんですが、正直言って非常に苦しいです。

3.11以降さらに厳しい状況になったと言えると思います。今の日本にTPPは酷です。

TPP参加後では国内問題を解決する間に日本企業は外国へ逃げてしまう可能性大で、国内問題を解決してからTPPに参加しないと酷い事になるという結論しか浮かんでこないのです。
ですから、今の政府の動きを見ていて強い反発を感じます。

何事も順番を間違えないようにすることが広い支持と理解につながると思います。
大変難しい問題ですが、日本がより良い方法でより良い選択ができるよう頑張っていただきたいです。
よろしくお願いいたします。
2011/12/13 @ 08:36

コメントを残す


頂いたメールアドレスはこのサイト上には表示されません

頂いたURLは表示されます。
(改行が自動で <br /> になります)
(Name, email & website)
(ユーザに、メッセージ・フォームを通じた連絡を許可します (あなたのメール・アドレスは表示されません))

最新記事のタイトル

コメント一覧

XMLフィード

合計 : 1227320 今日 : 2 昨日 : 2

外部リンク




2018年12月
 << <   > >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

私の住むまち

検索

16ブログ     multiple blogs