« 一宮各連区敬老会と運動会国会議員会館地下の『動く歩道』 »

大臣の発言と行動・・・心根の問題・・・悦んでる時でなく緊張の時、崖っぷちの時なり

大臣の発言と行動・・・心根の問題・・・悦んでる時でなく緊張の時、崖っぷちの時なり

パーマリンク 2011/09/10 18:00:06 著者: sugimotokazumi メール

大臣発言・・・私の立場からも心からお詫び申し上げます。誠に申し訳ありません。三度目の正直で頂戴した機会です。崖っぷちです。後はありません。それなのに・・・大臣に成り立ての悦に入った時なのかもしれませんが、何ゆえ不謹慎な発言をするのでしょうか。本来重責の重さに言葉が重くなるものです。全てはご本人の心根の問題でしょう。現在のニッポンの国難が認識できていません。当選回数主義、順番人事の弊害なのでしょうか。大臣似の毒舌と言われる漫談家は、寧ろ、TPOをわきまえ細心の注意をはらいながら阿吽の呼吸で笑いをとられます。役所がしっかりしていると言われる省庁だからこそ、それ以上の力量と人間力を備えた政治家が乗込む必要があるのではないでしょうか。私も謙虚に研鑽を積むしかありませんが、今は心からお詫び申し上げ、ご本人の出処進退のご判断を待つしかありません。

フィードバックはまだありません...

コメントを残す


頂いたメールアドレスはこのサイト上には表示されません

頂いたURLは表示されます。
(改行が自動で <br /> になります)
(Name, email & website)
(ユーザに、メッセージ・フォームを通じた連絡を許可します (あなたのメール・アドレスは表示されません))

最新記事のタイトル

コメント一覧

XMLフィード

合計 : 1227257 今日 : 2 昨日 : 2

外部リンク




2018年12月
 << <   > >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

私の住むまち

検索

16ブログ     open source blog software