« 政治主導と国会機能・政党の役割代表選は戦争ではない 田中角栄氏は相手を土俵の外まで追い込まなかった由 »

「挙党態勢」・「挙党一致」そして『全党一丸』ちなみに週刊新潮記事

「挙党態勢」・「挙党一致」そして『全党一丸』ちなみに週刊新潮記事

パーマリンク 2011/08/25 08:41:59 著者: sugimotokazumi メール

今朝のニュースは、「挙党態勢」と「挙党一致」の違いについてが多いようです。挙党態勢は人事・ポストを含んだ名と実の党運営でしょう。挙党一致は、理念主体で、名と実に距離があるのかもしれません。馬淵澄夫代議士は、その政権政策前文で、『全党一丸』「党内をひとつにまとめて」という表現で、二つの議論を包含・超越して、この戦後最大の国難に党の中よりも、ニッポンの国全体あるいは、国際社会との関わりを見据えた『国づくり』を眼前に据えているようです。ちなみに、福島第一原発4号機建屋に入った記事が、本日発売の週刊新潮に掲載されています。一読すると、馬淵代議士の命懸けの覚悟の程が垣間見えるのかも知れません。

フィードバックはまだありません...

コメントを残す


頂いたメールアドレスはこのサイト上には表示されません

頂いたURLは表示されます。
(改行が自動で <br /> になります)
(Name, email & website)
(ユーザに、メッセージ・フォームを通じた連絡を許可します (あなたのメール・アドレスは表示されません))

最新記事のタイトル

コメント一覧

XMLフィード

合計 : 1227367 今日 : 2 昨日 : 2

外部リンク




2018年12月
 << <   > >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

私の住むまち

検索

16ブログ     multiblog platform