« 社会福祉法人サンライフ・江南見学で『青春』発見国難対処のために行動する『民主・自民』中堅若手議員連合 による 「国難への共同対処を力強く推進するための決議」 平成23年7月7日 »

国益を考える会 民主党中堅若手 11名による 『菅総理の即時退陣を求める決議』

国益を考える会 民主党中堅若手 11名による 『菅総理の即時退陣を求める決議』

パーマリンク 2011/07/14 15:44:19 著者: sugimotokazumi メール

 昨日夕方5時、菅総理、枝野官房長官との面談叶わぬ中、仙谷副官房長官に次の内容を主な文書とする要求を行ないました。メンバーは、吉良州司、長島昭久、石関貴史、北神圭朗、鷲尾英一郎、網屋信介、勝又恒一郎、長尾敬、山本剛正、金子洋一、それに小生、です。
 
 今回の佐賀・玄海原発の再稼動をめぐり、菅内閣の機能は完全に崩壊した。菅総理は一旦自ら「浜岡原発以外は再稼動させる」と表明した。これを受け、海江田経済産業大臣は安全性を確認の上、玄海原発再稼動させようとした。しかしながら、先日の予算委員会で、総理は海江田大臣の梯子をはずす形で、ストレステストの導入を再稼動条件として突如打ち出した。これは、政策の正否以前の問題として、もはや総理が内閣の一体的運営を自ら放棄したと言える。このような政府に対する信頼失墜は、震災被災地にも蔓延しており、もはや菅総理の下での被災地復旧・復興、福島原発事故の早期収束は実現不可能と断ぜざるをえない。それ故、菅総理の即時退陣を求めるものである。
 以下、新しい体制で取組むべきエネルギー・経済政策提言を行い、重ねて菅総理の即時退陣を求めた。

 明日正午に衆議院第一議員会館一階多目的ホールで、同主旨の決起集会開催と参加勧奨を民主党全議員対象に行なっています。
 
 政治は活きています!エネルギーは拡大しています!

3 コメント

コメント from: 匿名希望 [訪問者]
菅総理の退陣は当然だと思います。彼には、震災復興の無策な対応のみならず、在日朝鮮人からの不正献金のみならず、拉致実行犯であるシンガンズの助命嘆願の署名、そして、拉致実行犯の家族の所属する団体に対する献金を行っていたのです。
これは国民に対する背信行為です。
 特に、拉致実行犯の家族の所属する団体への献金は問題です。
これは拉致を菅総理自らが容認し、幇助をしていたとみられても仕方ありません。
 残念ながら、この団体への献金は菅総理だけでなく、鳩山元総理、鷲尾英一郎(拉致問題特別委員会理事)、黒岩宇洋(法務政務官)も献金をしているようです。
 拉致問題特別委員会理事?法務政務官がですよ?
 更に、残念なのは、菅総理の献金の原資は民主党から出ているそうです。
そして、それは我々国民の血税です。
 国益を考え、義理人情を重んじるという杉本先生。
 このような国民にテロ行為を働くような真似をするような連中が残念ながら同じ政党にいるのです。
どうかこれらの犯罪行為と言ってもよい行為を平然と行う連中を許さないでください。
 国民はこの行為を絶対に許しません。
菅直人は、辞任してお遍路に行くのではなく、国民に裁かれるべき男です。
どうか菅を退陣させるために、再度不信任案を提出し、今度こそ国民の為に賛成していただけることをお願いいたします。

2011/07/14 @ 20:48
コメント from: 自分です。 [訪問者]
バカな事を。

>>海江田経済産業大臣は安全性を確認の上、玄海原発再稼動させようとした。

その安全性とやらの結果は河野太郎のブログ6月22日のエントリーにあるが、

>>九州電力玄海原発
高線量防護服20着配備 平成23年6月末完了予定
格納容器内に静的触媒式水素再結合装置を設置 今後3年程度

程度の物。さらに例のやらせメール問題。これで安全性の確認が取れてるというのだろうか?
ましてやメールからわかるように九州電力はまっとうな作業をしてるのかすら怪しい連中。
ストレステストの結果がどういう物になるかはわからないけど、その結果を背負う覚悟があるの?
閣内のゴタゴタが原因なら全員に責任取らせて今の執行部ごと内閣全員を辞任させる決議を出せばいいのになんで菅総理だけを相手にした決議になるのか。他の執行部や大臣全員当然文書を提出した仙石さんにはその場で、辞めろというべきでしょうに。

今日の正午というのだから今頃だろうけど、こんな意味のない決議なんて出す暇あったら他にいくらでもやる事あるだろうに。なにやってんだか。
2011/07/15 @ 12:05
コメント from: 一宮市民のフクイ [訪問者] メール
杉本さんの今回の活動については、評価できる点と、課題点のそれぞれがあると思いました。 評価できる点は、今回の総理の行動は今までもそうですが、「思いつきでモノを言う」行動になってしまっており、一貫性が無い為このまま国の長としていてもらう事は難しいという判断のもとに他の議員先生と協調して活動された事です。 今まであまり国政に対して表立った行動をされていなかったように見えていたのですが、今回の行動はかなり積極的な行動だと思っております。 ただ課題点としては、仮にも民主党の代表である菅総理に対し、党内の活動として諌めることは出来なかったのかという点です。 確かに難しい点もあると思います。行っても聞かない人かもしれませんし。 でも、外部に漏らさずとも党内で片付けるべき事だったのではないでしょうか? どうみても(既にそうなのでしょうけど)民主党は一つの党には見えません。 旧来の自民党のような派閥も無いですが、それ以前に個人個人が勝手に振舞っているようにしか見えない気がします。 そんな与党に誰が国を預けられるでしょうか? 野党に対して、国民に対して明確な説明責任を果たせるのでしょうか。 今後まだいろいろ状況が変わっていくと思いますが、単なる1政治家ではなく、国民の代表として、与党の党員として、総合的に判断して活動いただけると幸いに思います。
2011/07/16 @ 23:12

コメントを残す


頂いたメールアドレスはこのサイト上には表示されません

頂いたURLは表示されます。
(改行が自動で <br /> になります)
(Name, email & website)
(ユーザに、メッセージ・フォームを通じた連絡を許可します (あなたのメール・アドレスは表示されません))

最新記事のタイトル

コメント一覧

XMLフィード

合計 : 1227873 今日 : 2 昨日 : 2

外部リンク




2018年12月
 << <   > >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

私の住むまち

検索

16ブログ     powered by b2evolution