« 女性議員の人数(杉本のカウント人数・・・1人数え間違えあり訂正後)ギリシャ財政危機は日本の問題そのものです! »

英国総選挙に思う

英国総選挙に思う

パーマリンク 2010/05/07 23:43:48 著者: 杉ちゃん メール

英国下院の単純小選挙区制度は、そもそも死に票が多い、勝者総取り方式の小選挙区選挙制度です。旧自由党と旧社会民主党が合併した自由民主党の支持は高かったですが、思うほど議席が伸びなかったのは、単純小選挙区が背景です。日本の衆議院の場合は、比例代表を加味した、小選挙区比例代表並立制ですので、小選挙区比例代表併用制のドイツほど、比例配分による議席の割り当てはありませんが、比例的に投票結果が反映されます。よって、少数者の意見も反映される仕組みも取り入れられ、野党となっている規模の比較的小さい政党も存立しています。きたる参議院選挙は、小選挙区にあたる1人区と2・3・5人区の複数区と比例代表選挙・非拘束名簿式、いわゆる、得票の多い人から、政党の総得票に応じて当選できる、複雑な組合せ・仕組みです。この参議院の選挙結果が、国会の衆参を併せた我が国の政治運営全体を大きく左右します。多くの意見が反映されるのが、政治のあるべき姿であるとは思います。しかしその一方、安定した経済運営や少子化対策や年金対策などの長期戦略等が図りにくくなる政治状況にもなります。民主党では、執行部の一部の先輩方に緊張感のない発言がありました。誠に残念です。我々は、国民の民様から負託を受けた庶民の代表の一議員として、『国民の生活が第一』の原点ををもう一度見据える必要があります。そして、安定し、しかも、責任ある言動をする・リーダーシップのある政治状況を再度作り出して、国民のみなさまの信頼を再度回復する必要があります。延いては、そのうえで、早く我が国の総合的な意味での『元気』を回復軌道に乗せる責務があると強く感じております。

2 コメント

コメント from: jibundesu [訪問者]
honkonyori.
moutyoide kaereru.

sekainohenka ha angaihayaito omoimasita.
2010/05/08 @ 16:21
コメント from: 自分です。 [訪問者]
日本です。
色々と勉強になるスリランカの数日間でありました。ちと知り合いが繊維の卸を自営していたのでなんで日本から輸入しないか聞いた所「価格は中国産と変わりないか安い位だけど関税があるからね」との理由で日本製は扱わないそうな。
人件費うんぬん以前の段階で負けてるわけですな。
あと、内戦が終わった分の費用を公共事業に注ぎ込んでてあちこちで道路工事やってたり医療費や教育費が無料化されたりと一年程度でえらく変わってました。滞在中に停電にならなかったのは驚いた。
まあ、色々ありましたけどおもしろいもんでした。
2010/05/09 @ 22:20

コメントを残す


頂いたメールアドレスはこのサイト上には表示されません

頂いたURLは表示されます。
(改行が自動で <br /> になります)
(Name, email & website)
(ユーザに、メッセージ・フォームを通じた連絡を許可します (あなたのメール・アドレスは表示されません))

最新記事のタイトル

コメント一覧

XMLフィード

合計 : 1227234 今日 : 2 昨日 : 2

外部リンク




2018年12月
 << <   > >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

私の住むまち

検索

16ブログ     multi-blog