« 新代表は「日本の将来像・ビジョン」を明示せねば!自転車街宣を山本さん土屋さん長谷雄さんと »

小沢代表辞意

小沢代表辞意

パーマリンク 2009/05/12 13:07:00 著者: sugimotokazumi メール

遅いというマスコミの方もいます。政治用語「説明責任(Accountability)」を多用する方もいます。小弟からみると、小沢さんが辞めた理由は自明の理で、説明責任というよりも公判を待つべき時期かと感じます。小沢さんは、さすがに大物政治家で、潔い判断をしたと感じます。また、国民の生活第一という戦略の延長線上で、このタイミングを企図されたものだと考えます。小沢さんは、今後は、必勝すべき選挙区へ一兵卒として、陣頭指揮にあたるとのことで、小弟には、より身が引き締まる思いです。新代表選出については、よりオープンに、清新でしかも安定感のある新代表が選出されることを望みます。もし、小弟に1票が与えられるなら、地元の支援者・党員・サポーターと十分にオープンに協議の上に結論を出し、10区の代表として1票を投じる所存です。

フィードバックはまだありません...

コメントを残す


頂いたメールアドレスはこのサイト上には表示されません

頂いたURLは表示されます。
(改行が自動で <br /> になります)
(Name, email & website)
(ユーザに、メッセージ・フォームを通じた連絡を許可します (あなたのメール・アドレスは表示されません))

最新記事のタイトル

コメント一覧

XMLフィード

合計 : 1227180 今日 : 2 昨日 : 2

外部リンク




2018年12月
 << <   > >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

私の住むまち

検索

16ブログ     powered by b2evolution free blog software